スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラセンタ Q&A

Q.  プラセンタ療法とは?
A. 胎盤を処理し、注射薬(液体)、内服(錠剤、カプセル、液体)、サプリメント(カプセル、ドリンク)として体内に入れ、胎盤の持つ様々な効果を期待する治療法です。
人間又は動物の胎盤を原料に使う治療法で、内服 、注射 、外用があります。
1.内服(ブタ)
 ブタの胎盤を原料とした医薬品またはサプリメントを毎日内服します。注射では痛みを伴いほんのわずかですが皮膚を傷つけますので、健康増進、アンチエイジング(抗老化)、美容といった目的の方には一番適しています。又、病院に通う必要もありません。
 錠剤・カプセル・ドリンクとありますが好みで選べばよいでしょう。腸の吸収が弱い方にはドリンクが適しています。医薬品はどの製品でも信頼がおけますが、サプリメントはピンからキリまでありますので検討が必要です。
2.注射(ヒト)
 以前はザウエルプラセンタ(北陸製薬、ドイツ製)やPLP(ゼリア新薬)という
 胃潰瘍に使う注射もありましたが現在はラエンネックとメルスモンのみです。
3.外用(ブタ)
 ゲル状にしたものを湿布または直接肌に使用
 捻挫・骨折・肩こり・腰痛・膝痛・アトピー・痔
   

Q.  プラセンタ注射とは?
A. わが国では、現在ラエンネックとメルスモンの2種類のみ認可を得ています。この2つの注射は歴史も古く、メルスモンは1956年、ラエンネックは1959年より使われておりますが、1995年頃まで更年期障害または、肝臓機能改善のみに使われていました。要するに保険適用疾患に限定され使われていました。少しずつ更年期障害や肝障害以外にも様々な疾患に効果に効果があることを知られ始め、プラセンタ注射が様々な疾患に適応されました。結果は驚くべきもので、期待を上回る治療効果が確認されました。

    
Q. プラセンタにはホルモンは入っていませんか?
A. 血液・ホルモンはすべて完全に除去しますので、一切ホルモンは入っていません。
   

Q. エイズや感染症の心配はない?
A. エイズやC型肝炎等の感染症にかかっている方の胎盤は使用しません。 また、万一もれてしまったとしても121℃で20分間加熱します。

    
Q. 注射はどのくらい打つのですか?
A. 最初の1~2ヶ月(初期療法)は週に1~2回。維持療法は1週間ないし、2週間に1回位が効果的です。
   

Q. プラセンタ注射の効果は?
A. 肝臓病、アトピー性皮膚炎、皮層乾燥症、しみ、しもやけ、生理痛、生理不順、冷え症、レイノー現象、便秘、更年期障害、のぼせ、ホットフラッシュ、イライラ、高脂血症、腰痛症、肩凝り、全身の関節痛、筋肉痛、リウマチ、 膠原病、ベーチェット病、免疫強化作用(風邪がひきにくくなる)、抗疲労作用等が挙げられます。
   

Q. 注射を打ったら、その周りが温かくなるのは何故?
A. プラセンタに血行促進作用があるからです。
   

Q. 化粧品にプラセンタ配合と書かれていますが、どんな効果があるの?
A. 保湿作用、美白効果、血行促進作用、新陳代賦活作用、抗炎症作用、細胞分裂促進作用、抗アレルギー作用等の効果があります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。