スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラセンタの副作用

プラセンタには副作用がほとんどありません。生体中のプラセンタはとても大切な働きをしていますので、母体ともに健康でいられますが、製品加工されたものは蛋白質(アミノ酸も含む)製剤として認可されていますので、アレルギー体質の人や極端に体力の低下している人に対して異種蛋白質による一過性の拒絶反応が出る場合があります。カユミや発疹として体に現れます。このような場合は服用量を半分にして継続すれば問題ありません。 しかし症状がひどい場合は医師に相談してステロイドの併用をして下さい。

プラセンタは元来「免疫学的寛容性」をもっているので、アレルギーやアトピーの体質改善として利用されていますので他のアレルゲン(抗原)とは異なった働きをしているようです。

 その他プラセンタの副作用はありませんが、女性の生理が早まることと生理時の出血量が多くなる傾向、便が柔らかくなる傾向などがあります。継続服用していると正常に戻りますので心配ありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。